スタッフの声 Vol12
特別養護老人ホーム 調理 I.H.さん


Q:どんなところでどんな仕事をしていますか?

I.H.:特別養護老人ホームの給食室で入居者様の食事作りをしています。約100名ほどの入居者様の食形態に合わせ、普通食やムース状にして食べやすくしてから提供しています。私は早番固定でシフトに入っているため、朝食・昼食をメインに提供しています。


Q:この職種を始めたきっかけは何ですか?

I.H.:以前、義母が約5年間ほど介護施設にお世話になった時、介護の方だけでなく、調理の方予も話す機会が多く、その中で飲食店での調理しか知らない私に「給食」という調理の仕事の大変さや大切さを教えてくださった方がいました。そういったこともあり、給食関係の調理に興味はあったのですが、一歩が踏み出せずに10年近く飲食店で調理の仕事をしていました。そんな中、コロナ禍の影響で収入が不安定になり転職するべきか悩んでいるときに主人が「給食の仕事やりたいなら応援するよ。コロナ禍で大変だろうけど、やりたいことやれるチャンスだと思ったらどう?」と背中を押してくれたことがきっかけで今の給食の仕事にチャレンジしてみようと一歩踏み出すことができました。


Q:ケアスタッフを選んだ理由を教えてください。

I.H.:給食関係の求人を探しているときに、病院や介護施設での給食調理の求人を多く取り扱っている「新潟クック就職バンク」を見つけ、問い合わせたところ地元新潟に密着した会社ということもあり、ここであれば自分に合ったお仕事を見つけてくれると思ったからです。


Q:あなたにとって、仕事のやりがいや現在頑張っていることは何ですか?

I.H.:お部屋に食事を届けに行くと笑顔で挨拶をしてくださったり、手を挙げて声をかけてくださったりと、私も入居者様からたくさんの元気の源をもらえています。介護士の方のように常に入居者様のそばに寄り添うことはできませんが、食を通じて笑顔で日々元気に過ごしてもらえたら良いなと思っています。


Q:これからの目標を教えてください。

I.H.:今の仕事は始めて4ヵ月でまだまだ分からないことがたくさんあります。色々とやることが多い中で、店長やベテランの先輩方の動きの速さや正確さは「すごい!」の一言です。今は1つ1つミスをしないように頑張っていますが、いつか店長や先輩方のようになりたいと思い、努力をして日々仕事をしています。


その他、ご意見・ご要望がございましたら、ご自由にご記入下さい。

I.H.:お疲れ様です。派遣という就業形態で働くのは初めてなので、いまいちわからないところもありますが、何かあった時に担当の方に連絡が出来る・担当の方が連絡をくださるのは不安が取り除けているので助かっています。今後もよろしくお願いします!!

← 前のページ | 目次へ戻る