栄養&調理のお仕事とは?

健康そして生きていく上で欠かせない
「食」を提供するお仕事です。
新潟キズナ給食会では、病院・福祉施設の給食業務を通して、
豊かな「食生活」をサポートします。
主な職種としては、以下の4つがあげられます。


【管理栄養士】のお仕事

管理栄養士のお仕事今日、生活習慣病をはじめ、様々な疾病のリスクが叫ばれています。
健康管理に必要な知識も多様化し、
何が本当に正しいのかわからなくなっているのが現状です。
そんな中、管理栄養士は栄養士の上級資格として、
より高度な専門知識と技術を駆使し、
人々の健康増進に貢献しています。

健康な人はもちろん、傷病者の栄養管理にも対応できる
栄養指導のスペシャリストです。

医師や医療スタッフと連携しながら、患者の栄養や食生活の改善などを行い、
さらには栄養士および調理師の労務管理・業務管理なども行います。

※ 管理栄養士になるには、国家試験に合格した後、厚生労働省の管理栄養士名簿への登録が必要です。


【栄養士】のお仕事

栄養士のお仕事様々な人の「食」をコーディネートし、
健康で豊かな「食生活」をサポートします。
食を通して、食べる人の健康維持や
病気の予防・治療にも関わる責任あるお仕事です。

新潟キズナ給食会では、管理栄養士をサポートし、
病院・福祉施設の患者さん一人ひとりにあった
栄養バランスの調整や、
カロリーがコントロールされた給食献立の作成
またその献立の調理方法を調理師に指導するなど
調理全般の管理のほか、実際の調理や配膳も行います。

栄養に関する知識、病理学や食品衛生に関する知識、
食材とその調理法に関する知識など、
幅広い「食」の知識が必要です。

※ 栄養士になるには、栄養士養成施設(専門学校、短期大学、大学など)で
必要な知識および技能を習得し、卒業しなくてはいけません。
卒業すれば自動的に栄養士の免許を取得できます。


【調理師】のお仕事

調理師のお仕事様々な人のためにおいしく、
食べやすい食事を実際に調理するお仕事です。

新潟キズナ給食会では、
管理栄養士・栄養士の作成した献立をもとに、
病院・福祉施設で患者さんに合わせた食事を提供するため、
細かな調理方法の工夫が求められます。

また、どんな献立であっても、
時間通りに提供しなければならないというプレッシャーの中で、
食べる人のことを想い、いかに美味しく、
丁寧に作るかを追求しなければなりません。

食品衛生や栄養に関する知識のほか、
一度に大量の食事を作るための仕込みや味付け、
大型調理器具の使用などの知識や技術も必要です。

※ 調理師になるには、調理師養成施設(専門学校、短期大学、大学など)で
必要な知識および技能を習得し、卒業しなくてはいけません。
卒業すれば自動的に調理師の免許を取得できます。
(中学校卒業後、調理関係の仕事で2年以上の実務を経て、
調理師試験に合格した人も免許を取得できます)


【調理員】のお仕事

調理員のお仕事様々な人のために食事の盛り付けや、
調理のお手伝いをするお仕事です。

新潟キズナ給食会では、
管理栄養士・栄養士の作成した献立をもとに、
病院・福祉施設で患者さんに合わせた食事を
間違いなく、時間通りに提供できるようサポートします。

※ 調理員に資格は必要ありませんが、日常的に料理をしていること、
手際の良さなどが求められます。